紅豆杉の煎じ方

1ℓ(約5合)の水を沸騰させ、ティーバッグ2~6gを入れます。ティーバッグをいれた状態で火を弱め、中火で約5分間煮出します。火を止めて(揮発性成分が含まれている為)、ティーバッグを全て取り出してお飲みください。(成分がティーバッグに戻る為)

yunomi.jpg

画像の説明

粒タイプ・お茶タイプの違いについて

粒タイプ

お茶タイプ

紅豆杉の安全性

日本で製造、品質管理で厳しい安全基準を設定。

紅豆杉製品はお客様の安心・安全を第一に考えております。主原料である「雲南紅豆杉」は、標高4,000mの高山に自生する天然樹です。高山に自生しているものだけを使用していますので、農薬とは無縁なのですが、念のために約360項目にもおよぶ残留農薬の検査を自主的に行っています。その結果、有害物質は検出されず、安全であることを確認しました。さらに残留農薬のみならず、重金属、細菌数など㈱紅豆杉研究室はもとより第三者機関でも検査を行い、全ての項目で、商品の安全性を確認しています。今後も第三者機関によるチェックを続け、品質の管理を徹底してまいります。

第三者機関でも、安全性を確認しています。

bunseki.gif